台風11号2022(たまご)現在の進路は?気象庁や米軍情報から予想!

台風11号ヒンナムノーは9月6日21頃に、
日本海で温帯低気圧に変わりました。

9月は台風シーズン(平年だと5個)でもあり
最も発生する時期です。

台風が日本に接近すると、通勤や通学、
レジャーにも影響が出てきてしまいますよね。

とくに沿岸地域では高波や暴風が心配ですし。

最新の台風進路や防風対策にも気をつけたい所です。

そこで今回の記事では、

  • 台風11号2022の最新情報
  • 台風11号2022気象庁の台風情報
  • 台風11号2022米軍情報の進路予想
  • 台風11号2022ヨーロッパの進路予想
  • 台風11号2022をWindyで確認
  • 台風11号2022による飛行機の運航状況


について詳しく紹介します。

それでは見ていきましょう〜

目次

台風11号2022(たまご)の最新進路

9月6日時点

台風11号は九州でかなりの強風をもたらしています。

朝の時点では、鉄道各社も運転を見合わせていたようですね。

九州の鉄道・航空の運航についてはこちら↓

線状降水帯が発生している地域もありますので、
大雨による災害には厳重に警戒してください。

中心位置対馬市の北約100km
移動北東 45km/h
中心気圧965hPa
最大風速35m/s(中心付近)
最大瞬間風速50m/s

9月5日時点

台風11号は明日、未明に佐賀県に最接近するようです。

佐賀県や北九州地方では、
線状降水帯が発生し、大雨や土砂災害などの
可能性が高まるかもしれませんので最大の注意が必要です。

交通機関への影響も気になる所です。

九州の鉄道・航空の運航についてはこちら↓

中心位置東シナ海
移動20km/h
中心気圧945hPa
最大風速45m/s(中心付近)
最大瞬間風速60m/s

9月4日時点

台風11号は北上しながら6日(火)には、
九州に最接近する可能性があります。

台風による来週の降水量も気になるところです。

中心位置宮古島の北北東130km
移動北15km/h
中心気圧950hPa
最大風速40m/s(中心付近)
最大瞬間風速60m/s

9月3日時点

台風11号は、尖閣諸島付近で停滞しています。

勢力は少し弱まった印象ですよね。

沖縄は強風域となっていますので、
引き続き十分な警戒が必要です。

中心位置石垣島南南西350km
移動停滞
中心気圧935hPa
最大風速45m/s(中心付近)
最大瞬間風速65m/s

9月2日時点

台風11号は、12号のたまごを完全に吸収して
さらに巨大化しましたね…

当初の予想進路からは外れてきましたが、
今週末、3〜4日は沖縄付近に停滞するようなので
沖縄県では大荒れの天候になりそうです。

中心位置宮古島の南380km
移動停滞
中心気圧925hPa
最大風速50m/s(中心付近)
最大瞬間風速70m/s

9月1日時点

台風11号は北上して、来週以降には
九州地方に接近する可能性が高くなってきました。

台風11号による、飛行機の運航状況こちら

交通機関の乱れなども心配ですし、
暴風雨や増水への早めの対策をしたいところです。

中心位置宮古島の南約250km
移動南西 20km/h
中心気圧920hPa
最大風速55m/s(中心付近)
最大瞬間風速75m/s

8月31日時点

台風11号は猛烈な台風となり、沖縄県に接近しています。

大東島地方は暴風域となっていますので
厳重な対策と警戒をしてください。

沖縄県の電力情報はこちら↓

今後も記録的な暴風が予想されており、
大雨や今後の進路も非常に気になる所です。

もしかすると、明日以降は北九州にも
影響が出てくるかもしれませんので
引き続き台風情報をチェックしていきます。

中心位置南東島の北東 約70km
移動西 30km/h
中心気圧920hPa
最大風速55m/s(中心付近)
最大瞬間風速75m/s

8月30日時点

WINDYで確認すると、9月6日(火)頃には
西日本へ進路を変えている予測となっています。

引用元:WINDY

あくまでも予測ですので、来週前半には
今の進路から外れてほしいものです。

台風11号は、31日〜9月3日にかけて沖縄に
急接近しますが、進路もV字に変わってきました。

どうやら台風12号になりかけた、たまごを
取り込んでさらに発達したようですね^^;

もしかすると、九州や本州へと進路を
変えてくるなんてことも…

暴風雨や高波には十分な警戒が必要です。

中心位置父島の西北西70km
移動西 35km/h
中心気圧970hPa
最大風速35m/s(中心付近)
最大瞬間風速50m/s

8月29日時点

台風11号は予報円が大きいのと急に進路を
変えてこともあるので、引き続き注意が必要です。

中心位置南鳥島近海
移動西 30km/h
中心気圧1000hPa
最大風速20m/s(中心付近)
最大瞬間風速30m/s

8月28日時点

現時点で、台風11号はあまり発達はしないと
言われていますが、早めの対策をしつつ今後の
台風11号の動きにも注意したいところです。

中心位置南鳥島近海
移動北西 20km/h
中心気圧1004hPa
最大風速18m/s(中心付近)
最大瞬間風速25m/s

8月27日時点

2022年8月27日の午前5時時点で台風11号のたまご
(熱帯低気圧)が日本の南海上に発生しています。

秋雨前線の影響もあるので、
大雨や急な天候の変化には注意が必要です。

台風11号2022(たまご)気象庁の台風情報

台風11号についての気象庁の進路予想はこちら↓

引用元:気象庁

9月6日時点で、長崎県の対馬市が
台風11号の強風域になっています。

また西日本では、強風が予測されますし、
不要な外出はできるだけ避けた方がよさそうです。

河川の増水や暴風、沿岸部は高波にも要注意です!

台風11号2022(たまご)米軍情報の進路予想

アメリカの米軍合同台風警報センター(JTWC)は
6時間おきに台風情報を更新しています。

9月3日時点の米軍の進路予想はこちら↓

引用元:JTWC

9月3日時点の米軍の進路予想はこちら↓

引用元:JTWC

表記されている時刻は、日本時間に
時差の+9時間を加えた時間になります。

(Zが18:00なら、日本時間に直すと午前3時です)

JWCは一般の人でも、気軽にアクセスできますし
日本の気象庁などが発表している、台風情報との比較に活用できますよ。

9月6日午前3時(日本時間)

引用元:JTWC

米軍画像の見方についてはこちら↓

LOW(黄色い◯)24時間以内に台風・熱帯低気圧に発達する可能性は低い。
MEDIUM(オレンジ◯)台風や熱帯低気圧になる可能性があるが24時間以上はかかる。
HIGH(赤い◯)24時間以内に、台風・熱帯低気圧になる可能性アリ。
SUB TORPICAL(グリーン◯)台風と熱帯低気圧の中間。
赤矢印↖熱帯低気圧もしくは、台風。

次にヨーロッパの予報をみていきましょう〜

台風11号2022(たまご)ヨーロッパの進路予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)では
10日間の予想天気図を確認することができます。

9月2日あたりからは、九州の南側におおきな
かたまりがありますので、もしかすると
台風11号に発達するのかもしれませんね。

9月1日

引用元:ECMWF

9月2日

引用元:ECMWF

9月3日

引用元:ECMWF

9月4日

引用元:ECMWF

9月5日

引用元:ECMWF

色が黄色から緑になるほど、強風度を表しています。

時間が経つと正確ではなくなってくるのと
少し見づらい点以外は、米軍のJTWCと
同様にかなり精度は高いですよ!

台風11号2022(たまご)をWindyで確認

台風11号2022(たまご)をWindyで確認してみましょう〜

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次