MENU

ゴンゾーの現在は?海外の反応がヤバい!年収や収入についても調査!

皆さんは、ゴンゾー(GONZO)という
YouTuberの名前を聞いたことがありますか?

ゴンゾーさんは、日本そして海外でも
活動するエンターテイナーです。

名前を聞いたことがない人でも海外の
オーディション番組でタンバリンを叩いて、
一躍ブレイクした人と言えば、
「あの人か!!」と想像できると思います。

現在はチャンネル登録者が約4.7万人
(2022年7月23日現在)
とYouTubeでも活躍しています。

最近では、自らのことをエンターテイナーだけでなく
「タンバリンマスター」と称し、

タンバリン教室等も行っているようで、
タンバリンに関する専売特許をもっている
といっても過言ではありませんね。

今回の記事では、

  • ゴンゾーさんは何者?
  • ゴンゾーさんの現在
  • ゴンゾーさんの海外の反応
  • ゴンゾーさんのwikiプロフ

について詳しく調査していきますね。

それでは見ていきましょう〜

目次

ゴンゾーは何者?

ゴンゾーさんは、タンバリンをもっている姿が
印象的ですが、どのような人物なのでしょうか。

本人の個人サイトにも掲載があるように
コメディアンとして活動してるピン芸人でもあります。

昔はNSCに通っていて、
同期はジャルジャルやジョイマンがいるようです。

そんなゴンゾーさんが世界で注目をされたのは、
海外のオーディション番組『Got Talent』の
アジア版『Asia’s Got Talent』に出場し、
準決勝まで進出したことがはじまりです。

その後たくさんのオーディション番組に出場して、
観客のスタンディングオベーションをかっさらいました。

小太りストッキングの姿でタンバリンを書きならす
その姿は日本ではあまり有名ではなかったゴンゾーさんが、

世界に認められるとともに、
タンバリン=ゴンゾーという
イメージをもたらすものでした。

  ゴンゾーの現在

有名になったゴンゾーさんは
今なにをしているのでしょうか。

調査した結果、イベントへの出演の他に
タンバリン教室も行っているようですね。

下記のような値段で講座をしています。
この値段が高いか安いかは受け手の感性ですね。

出張可タンバリン教室

1人:22,000円(税込み)
2人~10人:44,000円(税込み)
10人以上:55,000円(税込み)

オンラインタンバリン教室

1人:16,500円(税込み)
2人~10人:33,000円(税込み)

ここ3年程度については、新型コロナウイルス感染症の
まん延もあり、各地でイベントは中止されることがありました。

コロナが落ち着いて、各地イベントで
ゴンゾーさんの姿を見れる日が楽しみですね^^

ゴンゾーの海外の反応

ゴンゾーさんは、海外で信じられないほど賞賛されました。

海外オーディション番組準決勝まで進出し、
あの体型でタンバリンを演奏するいい意味での
不恰好さが大ウケしたからです。

海外のオーディション番組の動画があるのですが、
コメントからその反応を読み取ってみましょう。

this is not a talent. THIS IS A ONE OF A HELL OF A MASTERPIECE!!!!
訳:これは才能で片づけていいものじゃないな。地獄の大傑作だ!

This is unbelievably funny! I was balling & literally laughing out loud!!!
訳:これは信じられないほど面白い!文字通り大笑いしたよ!!!

I’ve watched it more than 5x and I still cant help to laugh..banzai!!!
訳:私は5回以上この動画を見てきたが、まだ笑うことをやめることができない…..万歳!!!

 肯定的なコメントが多いですね。

観客がスタンディングオベーションをするなど、
海外らしい反応で観るものすべてを釘付けにしました。

以前同じ番組にゆりやんレトリーバーも出演しましたが、
日本人の面白さを海外に知らしめるよい機会となったことでしょう。

ゴンゾーのwikiプロフ

本名: 寺社下 峻平(じしゃげ しゅんぺい)
生年月日:昭和60年12月26日(36歳)
身長:身長172cm
体重:体重108㎏
スリーサイズ:B110・W110・H110
出身地:静岡県浜松市
趣味:サイクリング・写経・DVD鑑賞・旅
所属事務所: 株式会社ことくら(個人事務所)
仕事:タンバリン、映像制作(YouTube等)、イベントMC、俳優活動

ゴンゾーの年収や収入が気になる!

ゴンゾーさんの所属事務所は
株式会社ことくらという個人事務所になっており、
自ら2016年に設立したものとなっています。

こまで有名になったゴンゾーさんは
どれくらい稼いでいるのでしょうか。

エンターテイナーであり社長もあるゴンゾーさん。

年収は1200万円程度であると推測してみました。

ゴンゾーさんのSNSを確認したところ、
1か月に営業にかかわる内容が5件程度でした。

  • 月5本×営業単価20万円×12か月=1200万円
  • Youtubeについては、最近の更新は少なく、1再生あたり0.1円として
  • Youtube月10000再生×0.1円(1再生)×12か月=12000円

これに加えて、オンライン講座や
タンバリン教室の売り上げが入ってくる計算です。

新型コロナの影響でイベントが行いにくい状態のため、
2020年にはコロナの影響で生活が成り立たないということで、

素人異業種格闘技戦「hatashiai」に参戦し、
賞金の23万円を勝利して手に入れる等、順風満帆ではない様子。

最終的には本名の寺社下という珍しい苗字からもわかるように、
実家は寺を経営しているそうです。

コロナがおさまってきたら、
何とかイベントでゴンゾーさんの姿を観たいものですね。

まとめ

今回は、

ゴンゾーの現在は?海外の反応がヤバい!年収や収入についても調査!

といった内容で紹介しました。

  • ゴンゾーさんは、元NSC所属のエンターテイナーでタンバリン奏者。   
  • ゴンゾーさんは、オンラインタンバリン教室を始めてた。
  • ゴンゾーさんは海外の番組に出演し、観客から大うけし、人気者に。
  • ゴンゾーさんは個人事務所の社長だった。
  • ゴンゾーさんの年収は1200万円程度と推測。

調査した結果、ゴンゾーはエンターテイナーであり
自らが所属する事務所の社長でした。

コロナの影響で生活が厳しいことから、
素人格闘技大会に出場したり、

オンラインのタンバリン教室を始めるなど、
新たな挑戦を行っておりました。

年収は現在1200万円程度と推測できますが、
日々の生活は順調満帆ではない様子。

海外のオーディション番組に出演したことが
きっかけで海外・日本を問わず人気者になったことから、

新型コロナが落ち着いたら、様々なイベントで
タンバリンをふるうその姿を確認できればいいですね^^

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる